万華鏡工房みずあめや
ホーム 万華鏡工房みずあめや
商品一覧
万華鏡工房みずあめや
商品並び替え:


『みずあめや』は、ガラスで万華鏡を手作りしている姉妹です。
『みずあめや』という名称は、2人の名前の頭文字を合わせたもの。

1999年、万華鏡作家・代永正樹氏の指導のもと、万華鏡の制作を始めました。
以来、自宅の一室を作業場とし、2人でほそぼそと万華鏡制作を続けています。

『万華鏡として魅力的。万華鏡でなくても魅力的。』
そんな作品が、私たち姉妹の理想です。 作品を制作する際、私たちはまず万華鏡の「筐体」から作り始めます。

動植物が美しく細工された、古い帯留や香合。
美術館で目を奪われた、深い森の絵。
絶妙なグラデーションに彩られた、雨上がりの夕焼け空・・・。

様々なモノからインスピレーションを受けて、外観のデザインを考えます。 外観だけでも見る人を惹きつけられる、そう思える筐体が出来たら、
それに合わせて中身を作っていきます。

この外観にふさわしいのは、どんな映像だろう?

映像の材料となる色とりどりのガラスビーズを前に、想像力を働かせながら、
一粒ずつ中身を「調合」していきます。 調合した中身と、万華鏡の心臓部である鏡を筐体に詰めれば、「万華鏡」としては完成です。
でも、私たちの作品には、もう一つ大事な要素があります。

それは、万華鏡をしまっておく「袋」です。

日本には昔から、お茶道具や刀など、大切な物には袋を仕立て、
これに入れてしまっておくという素敵な文化があります。
豪華な金襴や舶来の更紗などで仕立てられた袋は、それだけでもとても魅力的。

私たちの作品も、素敵な袋に入れていつまでも大切にして頂きたい。
そんな想いから、1つ1つの万華鏡に合わせて、古裂袋を制作しています。 万華鏡の外観、中の映像、そして古裂袋。この3つの要素の関連性を大切にしながら、
トータルで一つの作品だと考えています。

こうして私たち姉妹の手から生まれた作品が、
誰かにとって「小さな宝物」になってくれたら嬉しいです。
登録アイテム数: 0件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス